地酒

透明な一滴が醸す味わい。

名馬の産地である五戸は、銘酒の生まれる地でもあります。無味無臭の水と米を原料にしながら、醸造過程によってさまざまな香りと味へと変化する酒。蔵人たちの技、杜氏の磨き上げられた感性と確かな目がその出来を左右します。
酒造りは長いあいだ、土地の季節気候を利用して行われてきました。仕込みが始まるのは冬、南部地方の厳しい寒気もまた、美味しい酒をつくる大切な条件なのです。
五戸川の清らかな伏流水に良質な米、独特の気候と伝統の技法。全てが整うことで初めて生まれる五戸の地酒。その透明な一滴には、この土地の風土と人の心が込められています。
しっかりしたなかにほのかな甘さ、ほどよく立つ香り。わが町自慢の料理とともにぜひ味わっていただきたいお酒です。

 

 

菊駒

明治43年創業。菊作りの名人でもあった四代目久次郎により、昭和初期に菊と五戸名産の馬(駒)を組み合わせた「菊駒」と改めました。地元に大切にされ、育まれてきた味。地元に愛されてこその銘酒の想いで、酒造りをしています。

 

如空

南部杜氏を筆頭に、五感で醸す手造り、低温長期型発酵の南部流儀と十号酵母に、頑固一徹にこだわって「ピュアで端麗」、「ふくよかな旨み」、「喉越しのいい後味」をさらに磨き「五戸」ならではの新しい地酒の旨さに挑戦してまいります。