郷土料理

いまも愛されるふるさとの味。

南部地方の歴史と文化を受け継ぐ五戸町には、この地方で古くから食されてきた伝統的な食文化があります。
南部地方において、蕎麦は欠かせない日常食のひとつ。練ったそば粉を木製の串に付けてジュネ味噌で焼いたそば串もちや、そばかっけなどは素朴で懐かしい味が魅力です。
また、凍み豆腐や干し柿づくり、味噌玉など、昔から厳しい冬を乗り越えるために伝えられてきた保存食づくりが、現在も行われています。さらに、五戸町の特産品である馬肉を使った鍋料理や、南部せんべいを入れたせんべい汁など、寒さ厳しいこの地方の料理は、どれも体があたたまるふるさとの味です。